江戸時代の身分願望

深谷克己 著

士農工商の江戸時代、少しでも上の身分への"身上り"を望んだ人びとがいた。同時に、他人に出し抜かれたくないという"上下無し"願望も存在した。これまでの身分制の見方を超えた社会を描き、自由と平等の関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世の身分意識と身分変動
  • 身上りの欲求と平均への欲求
  • 士分化と身上りの欲求
  • 幕藩体制を再活性化する身上り
  • 身分制を崩す売禄と献金
  • 幕末江戸多摩の身分願望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸時代の身分願望
著作者等 深谷 克己
書名ヨミ エド ジダイ ノ ミブン ガンボウ : ミアガリ ト ウエシタ ナシ
書名別名 身上りと上下無し
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 220
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.11
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 4642056203
NCID BA78860736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21125961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想