シルク・ロード紀行

松田壽男 著

敦煌、サマルカンド、バーミアーン、テヘラン…。シルク・ロード上に点在するオアシス都市を大まかに東から西にたどりながら、地域の特性や交易の様子、拝火教やイスラームなど、地誌・歴史・風俗をとらえた紀行エッセイ。アジア史を総合的に描き出した歴史家ならではの視点で、中央アジアのありし日の姿を生きいきと記す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前編 乾燥アジア史を考える(シルク・ロードと乾燥アジア
  • 天山山脈を語る
  • 天山への私の道)
  • 後編 乾燥アジアに歴史を探る(漠南路
  • 樹海から天山へ
  • 内陸の春
  • 中央アジアの砂漠とオアシス
  • 中央アジアの三つの町 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シルク・ロード紀行
著作者等 松田 寿男
松田 壽男
書名ヨミ シルク ロード キコウ
書名別名 Shiruku rodo kiko
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.10
ページ数 268p
大きさ 15cm
ISBN 4006031416
NCID BA7882438X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21131344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想