グリム童話の世界

高橋義人 著

魔女や小人、魔法の鏡、そして継母によるいじめ、動植物への変身…。「シンデレラ」「白雪姫」など19世紀ドイツのグリム兄弟が編んだメルヘンは、今も世界中で愛されている。だが、それらは本当は何を語っているのだろうか。キリスト教が広まる以前の神話・伝承にまで遡り、民衆の習俗や信仰、夢や恐怖に迫る、発見に満ちた案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 メルヘンとは何か
  • 第1章 「シンデレラ」変身譚
  • 第2章 冬を追い払い、夏を招くシンデレラ
  • 第3章 「眠れる森の美女」よりも神話的な「いばら姫」
  • 第4章 「ホレおばさん」からサンタクロースへ
  • 第5章 「白雪姫」の魔法の鏡の謎
  • 第6章 楽園を追われたラプンツェル
  • 第7章 「蛙の王さま」と「鶴の恩返し」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グリム童話の世界
著作者等 高橋 義人
書名ヨミ グリム ドウワ ノ セカイ : ヨーロッパ ブンカ ノ シンソウ エ
書名別名 ヨーロッパ文化の深層へ

Gurimu dowa no sekai
シリーズ名 グリム童話
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.10
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4004310415
NCID BA78819470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21130001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想