非対称の起源 : 偶然か、必然か

クリス・マクマナス 著 ; 大貫昌子 訳

利き手は右手、心臓は体の左側、言語野は左脳、DNAのらせんが右巻きなのは偶然か必然か、どうやって字を書く方向や、車を運転する側、右翼は保守、左翼は革新と決まってきたのかなど、身の回りの中のさまざまな非対称の起源の解明に挑んだ壮大なドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ワトソン博士の難問題
  • 右手は左手より優れているのか
  • 右と左の意味論
  • 右と左の起源
  • 心臓はなぜ左にあるのか
  • アミノ酸は左利き
  • 右と左を決める遺伝子
  • 脳の非対称性
  • 言語に特化した左脳
  • 利き手と社会
  • 左利きの苦悩
  • 人すべて対称なり
  • 壮大にして微小なる我が宇宙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非対称の起源 : 偶然か、必然か
著作者等 McManus, I. C
大貫 昌子
McManus Chris
マクマナス クリス
書名ヨミ ヒタイショウ ノ キゲン : グウゼン カ ヒツゼン カ
書名別名 Right hand,left hand
シリーズ名 ブルーバックス B-1532
出版元 講談社
刊行年月 2006.10
ページ数 474p
大きさ 18cm
ISBN 4062575329
NCID BA78813565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21124909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想