洪思翊中将の処刑  上

山本七平 著

明治42年、大韓帝国最後の皇帝純宗は自国民の中から36名を選抜し、日本の陸軍中央幼年学校に入学させた。その中の一人が、本書の主人公・洪思翊中将である。彼は陸軍士官学校、陸軍大学に進み、終戦時は比島派遣第14方面軍兵站監を務めていた。民族差別にもかかわらず「帝国陸軍中将」となり、敗色の濃いフィリピンで捕虜の管理・監督にあたり、それによって戦犯として告発されるまでを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 南方赴任
  • 韓国系将校
  • 忠誠
  • 出生伝説
  • 虚構の応酬
  • 戦犯法廷
  • 複廓陣地
  • 敗戦
  • 平常心
  • 山下裁判の証人
  • 捕虜輸送
  • 小田島証言(1)
  • 小田島証言(2)
  • 小田島証言(3)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 洪思翊中将の処刑
著作者等 山本 七平
書名ヨミ コウ シヨク チュウジョウ ノ ショケイ
書名別名 Ko shiyoku chujo no shokei
シリーズ名 ちくま文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.10
ページ数 398p
大きさ 15cm
ISBN 4480422692
NCID BA78812198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想