侠客の条件 : 吉田磯吉伝

猪野健治 著

史上最大の親分、吉田磯吉。川筋者といわれる命知らずの船頭達のなかから身を起こし、北九州・筑豊炭鉱を基盤に勢力を広げ、国会議員の座にまで昇りつめた男。政治暴力、労働争議への介入、流血を恐れぬ子分、社会の裏側に強靱なネットワークを持つ侠客の力を必要とした日本の近代とは何だったのか?現在にも通じる政財界とやくざのコネクション、その原点へと迫る異色ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 侠客と民衆
  • 暗闘・血戦の時代
  • 大親分の座
  • 調停役の条件
  • 政治暴力の系譜
  • 納屋制度と友子同盟
  • 親分子分社会の構造
  • 地域社会とヒエラルキー
  • 内部抗争のメカニズム
  • 私設憲法の世界
  • 一つの時代の終わり
  • 対談 吉田磯吉を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侠客の条件 : 吉田磯吉伝
著作者等 猪野 健治
書名ヨミ キョウカク ノ ジョウケン : ヨシダ イソキチ デン
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.10
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 4480422765
NCID BA78811617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想