寄り添って老後

沢村貞子 著

名脇役として名を馳せた明治生まれの女優・沢村貞子さんは、生前からエッセイストとしても知られ、女優業のかたわら数々の名エッセイ集を残している。最晩年の作品となった本書では、夫婦の老後生活をユーモアを交えて紹介する一方、夫に対するさりげない気配りや料理をはじめとする家事への愛着など、いつまでも心豊かに暮らすコツを教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 老いるということ
  • 遊ぶって、なに?
  • 身体の躾
  • 忘れる
  • いたわりあい
  • 棄てられる
  • 間に合わない
  • 引っ越しさわぎ
  • 葬送の自由を
  • 髪を慈しむ
  • 聴こえることの大切さ
  • 独りの会話
  • ぼけない心意気
  • "張り合い"ということ
  • 家風
  • 人づきあいそれぞれ
  • 「もったいなさ」とケチくささ
  • 言葉のトゲ
  • 惜別譜
  • 看護婦さんへの期待と感謝を
  • 内裏雛からの回想
  • 陽気な老夫婦
  • 亡母の憶い出
  • 生きのびて今…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寄り添って老後
著作者等 沢村 貞子
書名ヨミ ヨリソッテ ロウゴ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.10
ページ数 244p
大きさ 15cm
ISBN 4480422722
NCID BA78807686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想