誰も知らなかった皇帝たちの中国

岡田英弘 著

現代中国人は漢文が読めないので、十九世紀までの「中国王朝」の歴史はまったく知らない。本書は、中国史上ひじょうに有名な五人の皇帝の生涯を語りながら、中国人も知らない「中国」を描ききった出色の中国論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前漢の武帝-皇帝とともに生まれた「中国」(「まず皇帝ありき」が中国の歴史だ
  • 中国の「皇帝」とは何か ほか)
  • 第2章 唐の太宗李世民-非中国人を皇帝に迎えた「第二の中国」(鮮卑出身の皇帝の出現
  • 華北大争乱の中で浸透した遊牧民族 ほか)
  • 第3章 元の世祖フビライ・ハーン-モンゴル帝国が支配した元朝(モンゴル帝国と元朝は同一ではない
  • モンゴル帝国登場に至る背景 ほか)
  • 第4章 明の太祖洪武帝朱元璋-貧民出身の皇帝が建てた最後の漢人王朝(宗教秘密結社出身の異端の皇帝
  • フビライ死後、元朝帝室を揺るがす内争 ほか)
  • 第5章 清の聖祖康煕帝-満洲人の征服王朝「清帝国」(康煕帝の人品を伝えた第一級史料
  • なぜ清朝は中国王朝ではなかったか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も知らなかった皇帝たちの中国
著作者等 岡田 英弘
書名ヨミ ダレ モ シラナカッタ コウテイタチ ノ チュウゴク
書名別名 皇帝たちの中国
シリーズ名 Wac bunko
出版元 ワック
刊行年月 2006.9
版表示 新版
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 4898315534
NCID BA78807176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21235972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想