永井荷風という生き方

松本哉 著

人生、老いてますます楽し。永井荷風といえば、天下一品の名文で『歓楽』などを発表して、一世を風靡した文学者であったが、その生き方はかなりユニークで、親類縁者に頼らず、作家仲間と群れることもなく、ケチ、女好きなどと呼ばれながら満七十九年の生涯をたった一人で生き抜いた。死の前日まで、四十二年間にわたって書き続けられた日記『断腸亭日乗』には、永井荷風という作家として、一人の男としての本音が満ちあふれているだけでなく、明治、大正、昭和にわたる社会風俗、性風俗の貴重な記録ともなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 初恋のころ
  • 結婚と離婚の本音
  • 日記の執念
  • 女性とのつきあい
  • 気ままな老い
  • ユニークな食事風景
  • 日和下駄
  • 風流な主治医
  • 反抗精神の裏おもて
  • 口に出さない文明批評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永井荷風という生き方
著作者等 松本 哉
書名ヨミ ナガイ カフウ ト ユウ イキカタ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.10
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 4087203646
NCID BA78795259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想