落語「通」入門

桂文我 著

寛永といえば五代将軍・綱吉の時代。元祖噺家の露の五郎兵衛が登場いたします。以来、上方と江戸で落語家たちが妍を競い、名人、奇才がぞくぞくと誕生するのであります。時代は江戸から明治へ、そして大正、昭和へと受け継がれてきた噺家たちの足跡をたどり、「通」になるための薀蓄も満載の本であります。案内は当代上方落語の人気者、桂文我。散逸していた史料を丹念に集め、自ら初めて書いた「落語家による落語の本」。どうぞ本のすみずみまで存分にお楽しみください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 噺家の元祖は誰?(露の五郎兵衛
  • 初代米沢彦八 ほか)
  • 第2話 寄席興行が始まるまで(小噺コンクールを興隆させた中国笑話の訓訳
  • 上方における会咄の流行 ほか)
  • 第3話 幕末から明治の寄席興行(幕末における江戸の寄席
  • 幕末における大坂の寄席 ほか)
  • 第4話 明治から大正へ(明治末期から大正にかけての東京落語
  • 三代目柳家小さん ほか)
  • 第5話 昭和の巨星達(昭和の東京落語界の巨星(1)八代目桂文楽/五代目古今亭志ん生
  • 昭和の東京落語界の巨星(2)豆落語家から/初代柳家金語樓 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語「通」入門
著作者等 桂 文我
書名ヨミ ラクゴツウ ニュウモン
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.10
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 408720362X
NCID BA78794019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想