なぜ変える?教育基本法

辻井喬, 藤田英典, 喜多明人 編

子どもたちや学校に、数々の問題が出ているのは事実である。しかし、教育基本法を改定すればそれらの問題が解決するなどということがあるだろうか?そもそも教育基本法とはどんな法律であり、与党案のように改定されたら、何が起きるのだろうか?本書では、日本を代表する教育研究者、法律家、作家、哲学者らが、教育基本法改定問題について、広く市民に訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教育基本法改正と日本の行方(ほんとうの伝統とは何か
  • 「教育の力にまつべきものである」-改正案から欠落している一句 ほか)
  • 2 いま、教育基本法を変えるおかしさ(教育基本法「改正」法案の何が問題か)
  • 3 改正案を徹底的に検証する(対談 これは「教育のクーデター」だ-尾木直樹・西原博史
  • 自民党文教族は妥協していない ほか)
  • 4 教育基本法を活かす(教育基本法とはどんな法律か
  • 対談 教育基本法は現場で生かされてきたのか-奥地圭子・牟田悌三 ほか)
  • 5 資料(教育基本法改正経過年表
  • 教育改革国民会議報告「教育を変える一七の提案」(抜粋) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ変える?教育基本法
著作者等 喜多 明人
大江 健三郎
藤田 英典
辻井 喬
書名ヨミ ナゼ カエル キョウイク キホンホウ
書名別名 Naze kaeru kyoiku kihonho
シリーズ名 教育基本法
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.10
ページ数 321p
大きさ 21cm
ISBN 4000241583
NCID BA7878414X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21130087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想