古代住居のはなし

石野博信 著

古代の人びとは、どのような家に住み、どのような生活をしていたのであろうか。全国各地の遺跡の発掘成果をもとに、住居の構造や村のしくみを解き明かす。対外交流にも注目して、日本人の住まいと暮らしの原点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代の家と村(住居の構造とくらし
  • 住居と集落
  • イエとムラのしくみ)
  • 2 弥生・古墳時代の村と家地(弥生ムラの営み
  • 弥生・古墳時代の家地の変遷)
  • 3 古代建築と対外交流(古代建築からみた渡来人の波
  • 正倉院建築の源流
  • 環境と交流の住居史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代住居のはなし
著作者等 石野 博信
書名ヨミ コダイ ジュウキョ ノ ハナシ
書名別名 Kodai jukyo no hanashi
シリーズ名 歴史文化セレクション
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.10
版表示 復刊
ページ数 248, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642063021
NCID BA78777927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21118029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想