死にたくない! : いま、生活保護が生きるとき

竹下義樹, 吉永純 編著

利用者増加の一方で、保護費削減を推し進めようとする国。その現状をえぐりだし、改革の手がかりをさぐる。最後のセーフティネット=生活保護を必要とするすべての人に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 餓死者が続出-生活保護「適正化」の現実(北九州市ではいま
  • なぜ、そうなのか-北九州市の生活保護行政 ほか)
  • 第2章 時代を開いた生活保護裁判(闘いの幕開け-秋田・加藤訴訟
  • ホームレスへの差別・権利侵害も正す-京都・柳園訴訟 ほか)
  • 第3章 すべての人に「人間に値する生活を」-ナショナルミニマムとしての生活保護(ナショナルミニマムとは
  • ナショナルミニマムのいま ほか)
  • 第4章 生活保護をめぐる政策動向と改革の課題(生活困難の増大と社会保障制度
  • 生活保護の動向と求められている役割-生活保護はまさに「出番」 ほか)
  • 第5章 憲法のめざす社会と人間像-憲法一三条および二五条の現代的意義(人間としての尊厳を守る生活保護制度
  • 憲法が求める基本的人権の保障とは何か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死にたくない! : いま、生活保護が生きるとき
著作者等 吉永 純
竹下 義樹
書名ヨミ シニタクナイ : イマ セイカツ ホゴ ガ イキル トキ
シリーズ名 現代のテキスト
出版元 青木書店
刊行年月 2006.9
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 4250206254
NCID BA78772967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21176496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想