海藻フコイダンの科学

山田信夫 著

コンブやモズクのネバネバ成分のひとつであるフコイダン。その理化学的性状と様々な薬理効果・メカニズムを豊富な図表で簡明に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 海藻フコイダンとは-特にその理化学的性状(古典などにみる海藻の薬理効果
  • 海藻の炭水化物と多糖類
  • フコイダンの理化学的性状
  • フコイダンに働く細菌と酵素ならびに酵素の働きを阻害するフコイダン)
  • 第2編 フコイダンの薬理効果(抗血液凝固作用
  • 抗がん作用
  • コレステロールならびに血圧低下作用
  • 抗ウイルス作用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海藻フコイダンの科学
著作者等 山田 信夫
書名ヨミ カイソウ フコイダン ノ カガク
出版元 成山堂書店
刊行年月 2006.10
ページ数 176p
大きさ 22cm
ISBN 4425882814
NCID BA78747700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21132235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想