ピーク・オイル・パニック : 迫る石油危機と代替エネルギーの可能性

ジェレミー・レゲット 著 ; 益岡賢, 植田那美, 楠田泰子, リック・タナカ 訳

問題なのは「ピーク・オイル」による石油産出量の減少ではなく、それによる「経済パニック」である。すでに世界では、原油価格は高騰をつづけ、残された石油資源の争奪戦が始まっている。本書は、英国の地質学者であり、巨大石油企業のコンサルタントとして石油探査をしてきた著者が、現在、調べられる限りのデータ・資料と専門的分析をもって、石油業界が隠しつづける「ピーク・オイル」の真実を明らかにし、そして深刻化する地球温暖化・異常気象による世界経済への影響をも示しながら、代替エネルギーの技術的・経済的可能性をダイナミックに論じた、欧米で話題騒然の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-青い真珠の星の物語(青い真珠の星の誕生-四六億年前
  • 炭素によって生命が誕生した-三八億年前 ほか)
  • 第1部 ピーク・オイルと石油危機(ピーク・オイルとは?
  • 石油を発見するとは、どういうことか?
  • ピークはいつ訪れるか?
  • 石油危機はどのくらい深刻か?)
  • 第2部 ピーク・オイル・パニックと地球温暖化(同時並行で進む二つの危機-地球温暖化の現在
  • なぜここまで深刻になってしまったのか?-危機に気づく前
  • なぜここまで深刻になってしまったのか?)
  • エピローグ-青い真珠の星の未来(すべてを変えた日
  • 帝国の逆襲
  • 見過ごしてきた第一と第二の点が姿を現わす
  • 世界危機
  • 世界の再生)
  • 新版への追補-二つの危機をめぐる最新の動き(地球温暖化の動き
  • ピーク・オイルをめぐる動き
  • 各界の指導者たちによる、化石燃料脱却への試みが始まった)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピーク・オイル・パニック : 迫る石油危機と代替エネルギーの可能性
著作者等 Leggett, Jeremy K
Tanaka, Rick
植田 那美
楠田 泰子
益岡 賢
Leggett Jeremy
リックタナカ
レゲット ジェレミー
書名ヨミ ピーク オイル パニック : セマル セキユ キキ ト ダイタイ エネルギー ノ カノウセイ
書名別名 Half gone
出版元 作品社
刊行年月 2006.9
ページ数 399p
大きさ 20cm
ISBN 4861821037
NCID BA78742252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21114011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想