発達過程作業療法学

福田恵美子 編

[目次]

  • 序章 発達過程作業療法学を学ぶ皆さんへ(発達過程作業療法とは
  • 疾患単位での学習の必要性 ほか)
  • 第1章 発達過程作業療法学の基礎(発達過程作業療法の歴史
  • 人間の発達過程と発達遅滞症状の出現時期(0〜15歳) ほか)
  • 第2章 発達過程作業療法の実践過程(発達過程作業療法の実践過程
  • 発達過程作業療法における記録)
  • 第3章 発達過程作業療法の実践事例(脳性麻痺
  • 重症心身障害 ほか)
  • 発達過程作業療法学の発展に向けて(作業療法士の所属する発達過程の各機関で必要とされるアプローチ内容
  • 発達過程に携る作業療法士には何が求められているのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達過程作業療法学
著作者等 福田 恵美子
書名ヨミ ハッタツ カテイ サギョウ リョウホウガク
シリーズ名 標準作業療法学 : 専門分野 / 矢谷令子 監修
Standard textbook
出版元 医学書院
刊行年月 2006.9
ページ数 293p
大きさ 26cm
ISBN 4260002015
NCID BA7867234X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21119061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想