小説の誕生

保坂和志 著

小説にしか、できないことがある。小説について、行き着く先もわからないまま考えつづけるうち、「小説論」はどんどん「小説」へと変容していった。「小説論」とは思考の本質において、評論ではなく「小説」なのだ。小説について、もっともっと、考えたい人のために。大好評『小説の自由』につづく、待望の第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第二期のために書きとめて壁にピンで止めたメモのようなもの
  • 小説と書き手の関係
  • 現代性、同時代性とはどういうことか
  • 外にある世界と自分の内にあること、など
  • 時間と肉体の接続
  • 私の延長は私のようなかたちをしていない
  • 小説を離れてリアルなこと
  • 現実とリアリティ
  • 私の延長
  • 「われわれは生成しつつあるものを表現するための言語を持っていない」
  • 人間の姿をした思考
  • 人間の意図をこえたもの
  • 力と光の波のように

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説の誕生
著作者等 保坂 和志
書名ヨミ ショウセツ ノ タンジョウ
出版元 新潮社
刊行年月 2006.9
ページ数 475p
大きさ 20cm
ISBN 4103982063
NCID BA78652047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21114477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想