パックス・モンゴリカ : チンギス・ハンがつくった新世界

ジャック・ウェザーフォード 著 ; 星川淳 監訳 ; 横堀冨佐子 訳

定住を望まぬ草原の民が、太平洋から地中海にいたる巨大な版図を持ったのはなぜか。モンゴル人の習慣・思想から見てみると、チンギス・ハンが求めたもの、彼の一族が世界を根本からつくりかえた理由のすべてがあきらかになる。アメリカの文化人類学者である著者は、モンゴル人学者と共同研究チームをつくり、5年にわたってモンゴルをフールド調査した。小説を読むようにおもしろい、新しい視点のモンゴル史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 消えた征服者
  • 第1部 草原の恐怖支配-1162〜1206(血の塊
  • 三つの川の物語
  • ハンたちの戦い)
  • 第2部 モンゴル世界大戦-1211〜1261(金国皇帝に唾する
  • スルタン対ハン
  • ヨーロッパの発見と征服 ほか)
  • 第3部 グローバルな目覚め-1262〜1962(クビライ・ハンと新モンゴル帝国
  • 黄金の光
  • 幻想の帝国)
  • チンギス・ハンの永遠の魂

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パックス・モンゴリカ : チンギス・ハンがつくった新世界
著作者等 Weatherford, J. McIver
星川 淳
横堀 冨佐子
Weatherford Jack
ウェザーフォード ジャック
書名ヨミ パックス モンゴリカ : チンギス ハン ガ ツクッタ シンセカイ
書名別名 Genghis Khan and the making of the modern world
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.9
ページ数 431, 46p
大きさ 20cm
ISBN 4140811439
NCID BA7864391X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想