ヒューマノイド工学 : 生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構

精密工学会生体機構制御・応用技術専門委員会 監修 ; 熊本水頼 編著

人型ロボットと人間の動作のちがいは明白である。このちがいは何に由来するのか。本書は、その疑問を生物進化史的にたどり、従来の関節駆動型での見た目の模倣ではなく"2関節筋"駆動型のあたらしい理論を詳しく解説した。ヒューマノイド工学、生体力学、身体運動学を学ぶすべての人に捧ぐ革命的提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人間らしさのキーワード"2関節筋"
  • 第1章 運動制御の生物進化
  • 第2章 協調制御モデル誕生
  • 第3章 協調制御ソフトプログラム
  • 第4章 協調制御ハードプログラム
  • 第5章 二関節筋が切り拓く将来展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒューマノイド工学 : 生物進化から学ぶ2関節筋ロボット機構
著作者等 熊本 水頼
精密工学会
精密工学会生体機構制御・応用技術専門委員会
精密工学会生体機構制御応用技術専門委員会
書名ヨミ ヒューマノイド コウガク : セイブツ シンカ カラ マナブ 2 カンセツキン ロボット キコウ
書名別名 Revolution in humanoid robotics
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2006.9
ページ数 229p
大きさ 22cm
ISBN 4501416106
NCID BA7864146X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21124422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想