社会不安障害とシャイネス : 発達心理学と神経科学的アプローチ

ルイス・A.シュミット, ジェイ・シュルキン 編著 ; 貝谷久宣, 不安・抑うつ臨床研究会 監訳

[目次]

  • 1 幼少期の恐怖とシャイネス-概念的、生物学的、発達学的考祭(行動抑制の概念
  • 幼少期のシャイネスの個人差-恐怖シャイネスと自意識シャイネスの違い
  • 幼児における愛着と気質と副腎皮質機能 ほか)
  • 2 恐怖の内分泌学的・神経学的基礎-極度の恐怖の理解と発達の成果(行動抑制における神経機構と個体差の発現
  • 恐怖の根底にある神経回路
  • 恐怖と不安の神経内分泌調節 ほか)
  • 3 発達の成果と治療見通し(シャイネスとシャイネス症候群の経過
  • 青年期・成人期におけるシャイネスのタイプ
  • 恐怖やシャイネスの一要因としての高感受性-予備的研究と臨床上の意義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会不安障害とシャイネス : 発達心理学と神経科学的アプローチ
著作者等 Schmidt, Louis A
Schulkin, Jay
不安抑うつ臨床研究会
貝谷 久宣
シュルキン ジェイ
シュミット ルイス・A.
書名ヨミ シャカイ フアン ショウガイ ト シャイネス : ハッタツ シンリガク ト シンケイ カガク テキ アプローチ
書名別名 Extreme fear,shyness and social phobia
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.9
ページ数 392p
大きさ 21cm
ISBN 453598199X
NCID BA78640081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21129737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想