現代資本主義と福祉国家

加藤榮一 著

本書は、故加藤榮一論文集全2巻のうちの第1巻であり、著者の「資本主義理解の枠組み」の形成・発展過程を辿るとともに、加藤現代資本主義論=福祉国家論の理論編にあたる。本書において、現代資本主義の歴史的位置、資本主義と国家の関係、資本主義発展史に占める福祉国家の位置づけ、福祉国家と社会主義との関係、民営化の歴史的意義、資本主義の発展構造仮説、20世紀福祉国家システムの解体など、オリジナリティの高い議論が展開されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代資本主義(現代資本主義の歴史的位置-「反革命」体制の成功とその代価
  • 現代資本主義論の視角
  • 資本主義の発達と国家-帝国主義段階における国家の役割 ほか)
  • 第2部 大転換(福祉国家と社会主義
  • 現代資本主義の歴史的位相
  • SPD・福祉国家・共産主義 ほか)
  • 第3部 福祉国家とそれ以後(福祉国家と資本主義
  • 二〇世紀福祉国家の形成と解体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代資本主義と福祉国家
著作者等 加藤 栄一
加藤 榮一
書名ヨミ ゲンダイ シホン シュギ ト フクシ コッカ
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 117
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.10
ページ数 347, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4623047008
NCID BA78634453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21122329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想