土一揆と城の戦国を行く

藤木久志 著

いま世界各地に広がり続ける深刻な内戦の戦場と難民たちの運命に想いをはせるとき、日本の戦国時代もまた、「内戦の時代」であったという厳しい史実を忘れてはなるまい。各地に残る史料と実地調査によってダイナミックに描いた、飢餓と戦争に苦悶する戦国の町と村の実像と、そんな世をしたたかに生きる人々の姿-。さらに内戦の時代に領主から村や町までが地元の山の上に築いた無数の山城はどうなったのか。「山城停止伝承」を発掘することによって、「戦争から平和へ」という大きな歴史の転換の過程を明らかにする。『雑兵たちの戦場』で思いがけない戦国像を展開した著者の『戦国の村を行く』『飢餓と戦争の戦国を行く』に続く「戦国を行く」シリーズ第3弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 土一揆と戦争(土一揆と村の暴力
  • 一向一揆と飢饉・戦争
  • 戦国の村の退転-戦禍と災害の村
  • 戦場の村の記憶)
  • 2 戦場の村と城(戦国九州の村と城
  • 内戦のなかの村と町と城
  • 戦国比企の城と村-シンポジウムに寄せて
  • 山城停止令の発見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土一揆と城の戦国を行く
著作者等 藤木 久志
書名ヨミ ツチイッキ ト シロ ノ センゴク オ ユク
シリーズ名 朝日選書 808
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.10
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 4022599081
NCID BA78628825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21119176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想