メディア・ナショナリズムのゆくえ : 「日中摩擦」を検証する

大石裕, 山本信人 編著

今やメディアの存在と影響を無視しては語れないナショナリズム。2005年春、中国各地で大規模なデモが発生。「愛国無罪」を叫ぶ学生や市民の姿、日本製品不買の呼びかけ、日本の大使館や領事館への投石などが、「反日」として様々なメディアを通じて伝えられた。社会が共有した「認識」は、従来のマスコミや、インターネットなどの新たなメディアを通じてさらに活性化。「歴史教科書」「釣魚島」「東シナ海ガス田開発」…。両国のナショナリズムは急速に高まった。「日中摩擦」を題材に、新旧のメディアがナショナリズムの生成・変容にどんな影響を与え、役割を演じたかを詳細かつダイナミックに分析する。これまで紹介されたことのない、中国内のネットで飛び交った言説の具体例も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メディア・ナショナリズムを考える
  • 第2章 日本の新聞は「反日」デモをどう伝えたか
  • 第3章 中国のインターネット言論と「反日」デモ
  • 第4章 中国の報道統制
  • 第5章 香港の「反日」デモ報道
  • 第6章 中国における国民ナショナリズムの登場
  • 第7章 米英メディアが見た日中摩擦
  • 補章 日中摩擦と中国の民間ポータルサイト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア・ナショナリズムのゆくえ : 「日中摩擦」を検証する
著作者等 大石 裕
山口 信治
山本 信人
山腰 修三
河島 基弘
烏谷 昌幸
祁 景瀅
謝 東
阿部 るり
飛鳥田 麻生
書名ヨミ メディア ナショナリズム ノ ユクエ : ニッチュウ マサツ オ ケンショウスル
書名別名 Media nashonarizumu no yukue
シリーズ名 朝日選書 807
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.10
ページ数 241, 23p
大きさ 19cm
ISBN 4022599073
NCID BA78628133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21119182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想