民事判決起案の手引

司法研修所 編

本書は、判決書の記載の形式、表現方法などに至るまでを、できる限り平易かつ具体的に説明した基礎的な教材である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 判決書作成の目的
  • 第2章 在来様式による判決書(事件の表示
  • 口頭弁論の集結の日
  • 表題 ほか)
  • 第3章 新様式による判決書(事件の表示、口頭弁論終結日、表題、当事者、代理人等の表示
  • 主文
  • 事実及び理由 ほか)
  • 第4章 請求原因自白、被告欠席の場合の判決書(被告が請求原因事実を認め、抗弁を主張しない場合
  • 被告が公示送達以外の呼出しを受けて欠席した場合
  • 被告が公示送達による呼出しを受けて欠席した場合 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事判決起案の手引
著作者等 司法研修所
最高裁判所司法研修所
最高裁司法研修所
書名ヨミ ミンジ ハンケツ キアン ノ テビキ
出版元 法曹会
刊行年月 1988.9
版表示 7訂版.
ページ数 126p
大きさ 21cm
NCID BA43177049
BA54093348
BA78598440
BN02919673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想