都市の民俗学

宮田登 著

都市化により失われつつある民俗的世界に対し、新たに語り出される都市伝説。池袋の女・口裂け女などを通して、都市民俗学の可能性を問う。辻の神・境など不思議の空間と、江戸をテーマに都市独自の民俗を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市民俗論(民俗学と都市研究
  • 都市民俗学
  • 祝祭と都市 ほか)
  • 2 都市の語りと空間(都市の語り出す物語
  • お竹大日如来-江戸の都市伝説
  • 隅田川のフォークロア ほか)
  • 3 都市の信仰と年中行事(江戸町人の信仰
  • 江戸の民間信仰-金毘羅と富士信仰
  • 江戸の正月行事 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市の民俗学
著作者等 宮田 登
書名ヨミ トシ ノ ミンゾクガク
シリーズ名 宮田登日本を語る / 宮田登 著 9
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.10
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4642071415
NCID BA78587003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21113994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解説 倉石忠彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想