「レズビアン」という生き方 : キリスト教の異性愛主義を問う

堀江有里 著

キリスト教神学とレズビアン・スタディーズが切り結ぶセクシュアリティ研究の新たな地平。『福音と世界』好評連載に大幅な加筆修正。当事者であること、他者と連なること、現場にふみとどまることから見えてくる生き延びるための思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「レズビアン」というポジション(プライド-"自分らしく"あること
  • ホモフォビア-"生"を阻害する力
  • クローゼット-隠蔽された空間
  • カミングアウト-連帯のための実践 ほか)
  • 第2部 キリスト教と同性愛者差別-"たたかい"の現場から(なぜ"たたかう"のか
  • アファーム-共同作業への道筋
  • ディベート-意図的な忘却
  • シスターフッド-女たちの連帯 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「レズビアン」という生き方 : キリスト教の異性愛主義を問う
著作者等 堀江 有里
書名ヨミ レズビアン ト ユウ イキカタ : キリストキョウ ノ イセイアイ シュギ オ トウ
出版元 新教出版社
刊行年月 2006.9
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 4400427048
NCID BA78581222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21130251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想