金融自由化と金融政策・銀行行動

斉藤美彦 著

金融自由化が進展する過程でわが国の金融政策がどのような変遷を辿ったか、その影響を受けて銀行がどのように行動し、金融システムの大変革へと結びついたかを検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 金融政策の理論と実際(内生的貨幣供給説としての「日銀理論」-「量的緩和」論批判に至る系譜
  • バブル期の金融政策
  • 1990年代の金融政策-ゼロ金利政策の採用に至るまで
  • 「量的緩和」後の金融政策)
  • 第2部 金融自由化と銀行行動(金融自由化の進展と都市銀行の対応-バブルの形成まで
  • バブル崩壊と金融機関)
  • 第3部 信用理論(手形交換所型中央銀行論の可能性-原理論における支払決済システム
  • 銀行業における信用リスクと流動性リスク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融自由化と金融政策・銀行行動
著作者等 斉藤 美彦
書名ヨミ キンユウ ジユウカ ト キンユウ セイサク ギンコウ コウドウ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2006.9
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 4818818798
NCID BA78566320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21112744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想