教育の哲学 : ソクラテスから〈ケアリング〉まで

ネル・ノディングス 著 ; 宮寺晃夫 監訳

古代ギリシアから現代に至る教育上の諸問題とその解決法を紹介、特に人間の生き方や社会のあり方に関わる価値問題を中心に、教育研究の最先端をゆくテーマを平易に解説する。独自のケアリング理論で知られる著者による教育哲学研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二十世紀以前の教育哲学
  • 第2章 ジョン・デューイの哲学=教育思想
  • 第3章 分析哲学
  • 第4章 ヨーロッパの哲学
  • 第5章 論理学と批判的思考
  • 第6章 知識論と教育学
  • 第7章 社会科学の哲学と教育学研究
  • 第8章 倫理学と道徳教育
  • 第9章 社会=政治哲学
  • 第10章 フェミニズムと哲学と教育学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育の哲学 : ソクラテスから〈ケアリング〉まで
著作者等 Noddings, Nel
宮寺 晃夫
ノディングス ネル
書名ヨミ キョウイク ノ テツガク : ソクラテス カラ ケアリング マデ
書名別名 Philosophy of education

Kyoiku no tetsugaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2006.10
ページ数 366, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4790712125
NCID BA78562308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21115999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想