芝居小屋と寄席の近代 : 「遊芸」から「文化」へ

倉田喜弘 著

世の中が様変わりしても、慣性や嗜好を「改良」することは容易ではない。激しく移り変わる世相を背景に、芝居小屋や寄席の内と外で、人々はどのような経験をしていたのだろうか。演じられ語られてはそのたびごとに消えていく、はかなくも絶えることのなかった芸能という営み-その実像を新聞や公文書などさまざまな資料からよみがえらせる近代芸能史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鏡に映った日本人
  • 身分の解放-明治初年代の芸能行政
  • 負の遺産-江戸からの連続と断絶
  • 米欧の声-芸能の価値転換
  • 失速と停滞-明治人の声と耳
  • 自由民権の嵐-思想を盛り込む
  • 幻想の改良運動-文明国にふさわしい芝居とは
  • 改良の扉が開く-川上音二郎の「正劇」
  • 大衆演芸の世界-落語・講談・浪花節の盛衰
  • 娘義太夫繁盛記-「土場浄瑠璃」からアイドルへ
  • 作者とは何か-芝居と著作権
  • 「一等国」の面目-劇場建設と人材養成
  • 思想善導-「日本主義」の巻き返し
  • 日本人の民度-新しいメディアと検閲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芝居小屋と寄席の近代 : 「遊芸」から「文化」へ
著作者等 倉田 喜弘
書名ヨミ シバイ ゴヤ ト ヨセ ノ キンダイ : ユウゲイ カラ ブンカ エ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.9
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4000234250
NCID BA78553817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21117761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想