伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか : 現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る

溝上幸伸 著

伊勢丹では「売り場」を「お買い場」と呼ぶ。「苦情や意見は神の声」をモットーに、「ファッションは生鮮品」と意識する。それはお客の立場に立った「お客様第一主義」を徹底しているからだ。だからこそトップブランドの地位を築き上げることができた。「伊勢丹イズム」が育む、そのMDとサービスの実態をレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 復活した伊勢丹のブランド戦略-見えてきた売上げ一兆円、そのプロセスと伊勢丹躍進の秘密
  • 第2章 伊勢丹ドン底から復活までの軌跡-バブル期の大失敗による創業以来の危機からいかにして立ち直ったか
  • 第3章 ブランドとしての「伊勢丹DNA」-創業一二〇周年の老舗に連綿と受け継がれる伊勢丹イズムの神髄
  • 第4章 現場主義で培われた伊勢丹イズム-優秀な人材がどんどん育ってくる伊勢丹のDNA
  • 第5章 伊勢丹DNAの継承・小菅国安と小柴和正-揺れ動く経営・伊勢丹の抱える危機感の原点とは何か
  • 第6章 伊勢丹の拡大戦略が始まった!-福岡・岩田屋、札幌・丸井今井、さらに中国や東南アジアへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか : 現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る
著作者等 溝上 幸伸
書名ヨミ イセタン ワ ナゼ トップ ブランド ニ ナレタノカ : ゲンバ シュギ デ ツチカワレタ イセタン イズム ノ シンズイ ニ セマル
出版元 ぱる
刊行年月 2006.9
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 482720280X
NCID BA78547392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21110433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想