映画は世界を記録する : ドキュメンタリー再考

村山匡一郎 編

ドキュメンタリー映画は、はたして「現実」や「事実」を写しているのだろうか。歴史・ジャンル・現在の展開をとおして、その多様な相貌を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(方法としてのドキュメンタリー-現実に向かうカメラをめぐって)
  • 1 時代を写したカメラ(台頭期のドキュメンタリー映画と記録映画
  • アマチュア映画のアヴァンギャルド
  • 誰がいかに語るのか-帝国の自民族中心主義
  • 科学映画の興隆と迷走-文化映画論序説)
  • 2 凝視する視線と見られた世界(スポンサード映画の光と影
  • 一九五〇年代の岩波映画製作所-戦後記録映画の転回点
  • アート・ドキュメンタリーの美学)
  • 3 多様な現実・多様な試み(テレビ・ドキュメンタリーの新しい相貌-「虚構」と「現実」のあいだで
  • ビデオ・ジャーナリズムの現在
  • ビデオ・アクティビズムの闘い
  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭とアジア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画は世界を記録する : ドキュメンタリー再考
著作者等 村山 匡一郎
書名ヨミ エイガ ワ セカイ オ キロクスル : ドキュメンタリー サイコウ
書名別名 Eiga wa sekai o kirokusuru
シリーズ名 日本映画史叢書 5
出版元 森話社
刊行年月 2006.9
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 4916087674
NCID BA78533376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想