デリダ : なぜ「脱-構築」は正義なのか

斎藤慶典 著

世界が現象する瞬間へ!すべてが痕跡であり「読み」によって現象するのなら、そのつどの「読み」の正しさは、どこに求められるのか?デリダの世界認識の深奥に迫る野心的試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 脱‐構築とは何か(差延
  • 反復
  • 脱‐構築)
  • 2 なぜ脱‐構築は正義なのか(痕跡を「読む」とは
  • 反復の不安定性
  • 生き埋めにされた不在のもの ほか)
  • 3 秘密、あるいは証言(正義はつねに秘されたままにとどまる
  • 切迫した「決定」ないし「決断」
  • 不可能な決定に身を投ずる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デリダ : なぜ「脱-構築」は正義なのか
著作者等 斎藤 慶典
書名ヨミ デリダ : ナゼ ダツ - コウチク ワ セイギナノカ
シリーズ名 シリーズ・哲学のエッセンス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.9
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 4140093358
NCID BA78503546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想