新大東亜戦争肯定論

富岡幸一郎 著

あの「戦争」の意味を深く問わなければ、我々はいつまでも虚構の「平和」をむさぼり続けるしかない-日本人が戦った戦争を正視し、日本の未来に賭ける、渾身の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大東亜戦争への視角(祖国の戦争を何と呼ぶのか
  • 『大東亜戦争肯定論』の衝迫力 ほか)
  • 2 特攻と日本人(今、特攻隊を考える理由
  • 「生命」の価値とは何か ほか)
  • 3 昭和天皇と戦争(御前会議の天皇
  • 天皇の戦争責任 ほか)
  • 4 アジアのなかの日本(「大東亜共栄圏」とは何か
  • 「アジアは一つ」か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新大東亜戦争肯定論
著作者等 富岡 幸一郎
書名ヨミ シン ダイトウア センソウ コウテイロン
出版元 飛鳥新社
刊行年月 2006.8
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4870317443
NCID BA78472180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21209186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想