アメリカの芸術文化政策

片山泰輔 著

戦後のアメリカの芸術文化の発展は何によってもたらされたのか。民間支援拡大に不可欠な芸術団体のアカウンタビリティ向上への連邦補助金の触媒効果を多面的に明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 芸術文化の発展と触媒としての連邦政府
  • 第1章 ニューディールと芸術支援
  • 第2章 アイゼンハワー政権とナショナル文化センター
  • 第3章 ケネディ・ジョンソン政権とNEA創設
  • 第4章 1970年代における文化政策の量的拡大
  • 第5章 レーガン政権と芸術支援の転換
  • 第6章 NEAの危機
  • 終章 触媒としての連邦政府:芸術支援の基本型

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの芸術文化政策
著作者等 片山 泰輔
書名ヨミ アメリカ ノ ゲイジュツ ブンカ セイサク
シリーズ名 アメリカの財政と福祉国家 / 渋谷博史 監修 第8巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2006.9
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 4818818488
NCID BA78460909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21114480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想