経済思想史 : 社会認識の諸類型

大田一廣, 鈴木信雄, 高哲男, 八木紀一郎 編

25人の代表的経済学者の経済・社会認識の歩みをその人物・思想・理論から平易に解説した好評テキストの新版。限界革命以前・以後の展開をたどるとともに、経済学における社会認識・思想の規定的役割に迫った最良の経済思想入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「経済学」と経済思想史
  • 第1部 経済学の古典的世界(デヴィッド・ヒューム-近代文明社会の哲学的・社会科学的基礎づけ
  • ジェイムズ・ステュアート-市場制御の経済学
  • フランソワ・ケネー-再生産の秩序学 啓蒙の世紀の光のもとで
  • アダム・スミス-慣習と秩序 商業社会における自生的秩序の解明
  • ジェレミー・ベンサム-社会工学者 治政と管理の経済学 ほか)
  • 第2部 現代経済学の諸相(W.スタンレー・ジェヴォンズ-科学者から経済学者へ
  • カール・メンガー-主観主義の経済学
  • ゲオルグ・ジンメル-貨幣経済社会と近代性
  • マックス・ヴェーバー-生の不協和音と歴史の悲劇
  • レオン・ワルラス-純粋経済学の社会哲学的基礎 ほか)
  • 経済学の冒険

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済思想史 : 社会認識の諸類型
著作者等 八木 紀一郎
大田 一広
太田 一広
鈴木 信雄
高 哲男
大田 一廣
書名ヨミ ケイザイ シソウシ : シャカイ ニンシキ ノ ショルイケイ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2006.9
版表示 新版.
ページ数 349, 6p
大きさ 21cm
ISBN 4815805407
NCID BA78455658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想