企業評価+企業倫理 : CSRへのアプローチ

岡本大輔, 梅津光弘 著

「良い企業」とは何か?企業の社会性を考慮した評価モデルを構築し実証分析を行うとともに、ヴァリュー・シフトの歴史を辿りながら、今後の企業倫理の制度化の方向を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 企業評価(企業評価と企業の社会性
  • 社会性を考慮した企業評価
  • 実証研究による社会性評価モデル)
  • 第2部 企業倫理(企業倫理と企業社会責任論-企業経営をめぐる
  • アメリカにおける企業倫理の生成と展開
  • 企業倫理の理論的統合の可能性
  • グローバル化と企業倫理
  • 情報化社会における企業倫理
  • 企業倫理の制度化と社会支援制度
  • 企業倫理と企業評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業評価+企業倫理 : CSRへのアプローチ
著作者等 岡本 大輔
梅津 光弘
書名ヨミ キギョウ ヒョウカ + キギョウ リンリ : CSR エノ アプローチ
書名別名 Corporate appraisal + business ethics

Kigyo hyoka + kigyo rinri
シリーズ名 慶應経営学叢書 第2巻
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2006.9
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 4766412664
NCID BA78415868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21226124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想