加藤高明と政党政治 : 二大政党制への道

奈良岡聰智 著

本書は、加藤高明(一八六〇〜一九二六年)の政治指導を分析し、戦前期における二大政党制(一九二四〜一九三二年)の形成過程を明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政党政治家以前(実業界から官界へ
  • 官僚と政党の間で)
  • 第2部 政党時代(政党政治家へ
  • 憲政会の創立
  • 憲政会の「苦節十年」)
  • 第3部 首相時代(第一次加藤高明内閣の政権運営
  • 第二次加藤高明内閣の政権運営)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 加藤高明と政党政治 : 二大政党制への道
著作者等 奈良岡 聰智
書名ヨミ カトウ タカアキ ト セイトウ セイジ : ニダイ セイトウセイ エノ ミチ
出版元 山川出版社
刊行年月 2006.8
ページ数 447, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4634520117
NCID BA78410842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21101602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想