帝国陸軍の〈改革と抵抗〉

黒野耐 著

『参謀本部と陸軍大学校』『「戦争学」概論』の著者が人類普遍のテーマ「改革」の条件を近代日本陸軍史に見いだす意欲作三大改革の一つはなぜ成功し、二つはなぜ抵抗勢力に屈したのか、その教訓は現代にも生きつづける-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 陸軍の創設(治安維持軍の建設
  • 山県の陸軍掌握と国防軍への脱皮)
  • 第2章 桂太郎の陸軍改革-明治期の改革(対立する国防像
  • 陸軍改革の始動
  • 第一の衝突-統合参謀本部をめぐる攻防
  • 第二の衝突-陸軍紛議
  • 最後の衝突-月曜会事件
  • 陸軍改革の完成)
  • 第3章 宇垣一成の軍制改革-大正期の改革(第一次世界大戦の衝撃
  • 軍制改革への反動
  • 軍制改革の断行と衝突
  • 軍制改革の頓挫)
  • 第4章 石原莞爾の参謀本部改革-昭和期の改革(陸軍内の革新運動
  • 革新という名の保革対立
  • 陸軍による政治支配
  • 石原莞爾の改革と挫折)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国陸軍の〈改革と抵抗〉
著作者等 黒野 耐
書名ヨミ テイコク リクグン ノ カイカク ト テイコウ
書名別名 Teikoku rikugun no kaikaku to teiko
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2006.9
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4061498592
NCID BA78402538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21108770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想