現代経済学の群像

都留重人 著

二〇世紀の激動に対峙して、経済学者はいかに自らの学問を鍛え上げていったか。本書では制度学派の祖であるヴェブレン、そして著者が直接交友関係を持った六人を取り上げその生涯と学説を描く。ケインズ革命との学問的格闘や現実との緊張関係など、まさしく生きた経済学説史が再現される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 ソースタイン・ヴェブレン
  • 第2話 アルヴィン・ハンセン
  • 第3話 ミハル・カレツキー
  • 第4話 ジョーン・ロビンソン
  • 第5話 ウィリアム・カップ
  • 第6話 柴田敬と安井琢磨

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代経済学の群像
著作者等 都留 重人
書名ヨミ ゲンダイ ケイザイガク ノ グンゾウ
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.9
ページ数 312p
大きさ 15cm
ISBN 4006031408
NCID BA78382780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21114783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想