カザフスタン

カトリーヌ・プジョル 著 ; 宇山智彦, 須田将 訳

ユーラシアの中心に位置し、世界第九位の広大な国土を擁する共和国-カザフスタンは、豊かな鉱物資源の開発により著しい経済成長を続けている。本書は、その風土・歴史・政治・経済・外交を紹介する。モンゴル帝国などの陰になりがちな遊牧民王朝の知られざる歴史を、現在の国境をふまえて解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 領域から共和国へ
  • 第1部 カザフ空間とユーラシア(カザフ人登場以前のカザフ空間
  • 多様性の少ない遊牧世界-諸オルダ
  • ロシアによる征服と植民地化)
  • 第2部 ソヴェト・カザフスタン(一九一七年の革命-時系列的概略
  • スターリン時代
  • ソヴェト空間への統合-フルシチョフからブレジネフまでの経済と文化 ほか)
  • 第3部 脆弱な巨人-ポスト・ソ連の移行から再構成へ(独立以降の政治状況
  • 新しいパートナーたちに向けた開放-国際的均衡のなかでのカザフスタン
  • 深い変化を遂げつつある文化と社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カザフスタン
著作者等 Poujol, Catherine
宇山 智彦
須田 将
プジョル カトリーヌ
書名ヨミ カザフスタン
書名別名 Le Kazakhstan
シリーズ名 文庫クセジュ 904
出版元 白水社
刊行年月 2006.9
ページ数 180, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4560509042
NCID BA78381518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21108768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想