新型インフルエンザ : 世界がふるえる日

山本太郎 著

アジアを中心に流行している鳥インフルエンザ。病原性の強いこのウイルスが人間への感染力を獲得するのは、もはや時間の問題かもしれない。グローバル化が進行する現在の世界において、地球規模の感染症対策を考える際に忘れてはならないことは何か。第一線で対策に奔走する著者が多角的な視点から提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-渡り鳥の死
  • 第1章 いま私たちの住む世界-「適切な危機感」を共有するために
  • 第2章 歴史のなかのインフルエンザ-経験・記憶・対策
  • 第3章 ウイルスとの共生を考える医学へ-生態系のなかで
  • 第4章 新型インフルエンザにどう対応するか-国境を越えて
  • エピローグ-もうひとつの世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新型インフルエンザ : 世界がふるえる日
著作者等 山本 太郎
書名ヨミ シンガタ インフルエンザ : セカイ ガ フルエル ヒ
書名別名 Shingata infuruenza
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.9
ページ数 181, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4004310350
NCID BA78370001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21115895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想