新判例から見た刑法

山口厚 著

刑法新判例をより深く学び山口刑法学をより深く知る。「法学教室」誌上の好評連載に加筆・修正を施すとともに、「第19章 賄賂罪における職務関連性」を新収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 被害者の行為の介在と因果関係
  • 被害者の行為を利用した法益侵害
  • 不作為による殺人罪
  • 正当防衛の周辺
  • 過失犯の成立要件
  • 実行の着手と既遂
  • 罪数論
  • 傷害の意義
  • 窃盗罪における占有の意義
  • 不法領得の意思
  • 不動産の占有とその侵奪
  • 事後強盗罪の成立範囲
  • 詐欺罪における交付行為
  • クレジットカードの不正使用と詐欺罪の成否
  • 文書の不正取得と詐欺罪の成否
  • 誤振込みと財産犯
  • 盗品等の返還と盗品等関与罪の成否
  • 作成名義人の意義と有形偽造
  • 賄賂罪における職務関連性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新判例から見た刑法
著作者等 山口 厚
書名ヨミ シンハンレイ カラ ミタ ケイホウ
書名別名 Shinhanrei kara mita keiho
シリーズ名 法学教室library
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.9
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4641042454
NCID BA78363877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想