長崎が出会った近代中国

横山宏章 著

出島と唐人屋敷が築かれた開港地、長崎。一八八六(明治十九)年、長崎に上陸した清国艦隊の水兵と日本の警察官が衝突。市民を含め、八十名の死傷者を出す。孫文、黄興、柏文蔚、李烈鈞、さらに蒋介石などの中国革命派が次々に訪れた長崎。日本人の教養を支えていた中国。その混乱を、日本人はどう捉えたのか。日本人の中国観は、どう変わったのか。近代中国を長崎は、どう迎えたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長崎から上海へ、高杉晋作たちが見た中国
  • 北洋艦隊水兵と長崎警察官の殺伐たる争闘
  • 金玉均の日本経験
  • 長崎「東洋日の出新聞」にみる日露戦争
  • 長崎に亡命した柏文蔚
  • 中国革命派の亡命窓口としての長崎
  • 補 王直問題にふれて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長崎が出会った近代中国
著作者等 横山 宏章
書名ヨミ ナガサキ ガ デアッタ キンダイ チュウゴク
書名別名 Nagasaki ga deatta kindai chugoku
シリーズ名 海鳥ブックス 25
出版元 海鳥社
刊行年月 2006.8
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4874155936
NCID BA78343960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21109563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想