恐怖に凍てつく叫び : トラウマが子どもに与える影響

レノア・テア 著 ; 西澤哲 訳

1976年7月、カリフォルニア州農村部の町チョウチラで、26人の子どもたちがスクールバスごと誘拐されるという前代未聞の事件が起こった。事件発生から2日後、子どもたちは生き埋めになっていた穴から自力で脱出し、事件は無事解決を見た、と誰しもが思った…。しかし、レノア・テアはこうした体験が子どもの心に何らかの「傷」を残しはしないかという懸念を抱いてチョウチラへと向い、その後数年にわたって誘拐事件に巻き込まれた子どもたちの人生を追うことになる。本書は、この「チョウチラ・スクールバス誘拐事件」の調査研究を縦糸に、猛犬に襲われ首を喰いちぎられる被害にあった子ども、ヒルガード保育園における集団性的虐待事件に巻き込まれた子どもなど、トラウマ性の体験をした人々の夥しい「物語」を横糸にして編み込まれた、複雑で精緻なタペストリーである。さらに、膨大な量の文学や映画、芸術作品を貫くトラウマ性のテーマを探索することにより、他の専門書群を圧倒する質を備えた比類なき1冊となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どものトラウマの世界の扉を開く
  • 第1部 子どもの精神的トラウマにともなう情緒(戦慄
  • 憤怒
  • 否認と麻痺
  • 未了の悲哀
  • 恥と罪)
  • 第2部 子どもの頃の精神的トラウマの作用(誤認
  • 時間は歪む
  • トラウマの記憶
  • 学校の成績とファンタジーの仕事
  • 繰り返す夢)
  • 第3部 子どもの頃の精神的トラウマと行動(ポストトラウマティック・プレイ
  • ポストトラウマ性の再現)
  • 第4部 子どもの頃の精神的トラウマの治療と伝染(治療
  • トラウマ性の出来事との「接近遭遇」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恐怖に凍てつく叫び : トラウマが子どもに与える影響
著作者等 Terr, Lenore
西沢 哲
テア レノア
書名ヨミ キョウフ ニ イテツク サケビ : トラウマ ガ コドモ ニ アタエル エイキョウ
書名別名 Too scared to cry

Kyofu ni itetsuku sakebi
出版元 金剛
刊行年月 2006.9
ページ数 438p
大きさ 22cm
ISBN 4772409300
NCID BA78343133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想