明治維新を考える

三谷博 著

新しい歴史理解の地平をひらく!複雑系モデルを応用すると、明治維新をどう理解できるのか?ナショナリズムとどう付き合っていくのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治維新の謎-社会的激変の普遍的理解を求めて
  • 1 維新のなかの普遍(「西洋国際体系」を準備した「鎖国」
  • 維新における「変化」をどう「鳥瞰」するか-「複雑系」研究をヒントとして
  • 「王政」と「公議」-横井小楠と大久保利通)
  • 2 ナショナリズムとのつきあい方(「我ら」と「他者」-「国民」境界の生成ダイナミックス
  • ナショナリズムと歴史認識-二〇〇一年
  • 二〇世紀前半の記憶への対処-二〇〇五年)
  • 3 維新史家たち(マリウス・B.ジャンセン-日本の発見と比較研究
  • 遠山茂樹-『明治維新』にみる戦後日本史学
  • 司馬遼太郎の国民史-昭和と維新)
  • 「近代化」再考-「東アジア的近世」論への応答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新を考える
著作者等 三谷 博
書名ヨミ メイジ イシン オ カンガエル
書名別名 Thoughts on the Meiji regeneration

Meiji ishin o kangaeru
出版元 有志舎
刊行年月 2006.8
ページ数 248p
大きさ 21cm
ISBN 4903426033
NCID BA78320830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21101905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想