賢帝の世紀  中

塩野七生 著

トライアヌスの後を継ぎ皇帝となったハドリアヌスは、就任直後、先帝の重臣を粛清し、市民の信頼を失っていた。しかし大胆な政策や改革を実施することにより人気を回復。そして皇帝不在でも機能する組織固めを確実にしたハドリアヌスは紀元121年、念願の帝国視察の大旅行に旅立つ。目的は帝国の安全保障体制の再構築にあった。治世の三分の二を費やした、帝国辺境の旅。それを敢行した彼の信念とは…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 皇帝ハドリアヌス(少年時代
  • 青年時代
  • 皇帝への道
  • 年上の女
  • 登位時の謎
  • 皇帝として
  • 粛清
  • 失地挽回の策
  • ハドリアヌスの「旅」
  • ライン河
  • 再構築
  • ブリタニア
  • ヒスパニア
  • 地中海
  • オリエント
  • アテネ
  • 北アフリカ
  • 「ローマ法大全」
  • ヴェヌス神殿
  • パンテオン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 賢帝の世紀
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ケンテイ ノ セイキ
シリーズ名 ローマ人の物語 25
新潮文庫 25
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2006.9
ページ数 184p
大きさ 16cm
ISBN 4101181756
NCID BA78304889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21095573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想