カントの法論

中島義道 著

「私の身体」は世界の「うち」に一定の場所を占める固有の身体=物体であるが、同時にその固有の位置を「越えて」世界全体を開く超越論的身体でもある。この二重の機能をもった固有の身体を通して、「私」は時間・空間を開くのみならず、そこに位置するもろもろの物体を秩序づける能力をもつのである-カントの超越論的観念論における空間と身体との根源的関係をえぐり出し、ニュートン的自然とは異なるカント独自の自然観を解明する。また、行為の道徳性の根拠をめぐる適法性と内的動機との関連についての考察から、カント倫理学における「法論」の位置を見定める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カントの身体論(身体に対する自然
  • 超越論的身体)
  • 第2章 カントの他者論(自由な他者の存在
  • 私の時間・他者の時間)
  • 第3章 カントの法論(カント倫理学における法論の地位)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カントの法論
著作者等 中島 義道
書名ヨミ カント ノ ホウロン
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.9
ページ数 247, 12p
大きさ 15cm
ISBN 4480090150
NCID BA78253686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21113951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想