空気浄化テクノロジーの新展開 : VOC削減対策に向けて

竹内浩士 監修

中央環境審議会大気環境部会の意見具申(2004)に基づいて、2010年度までに2000年度VOC排出量の3割削減という目標が設定されるに至った。この削減の要請には技術面からの対応を図るべく、対策技術の現状を俯瞰できるように取りまとめたものが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(大気汚染物質と発生源
  • 空気浄化の基礎)
  • 技術編(吸着技術
  • 触媒技術
  • 光触媒技術
  • 低温プラズマ技術
  • その他の主要技術)
  • 応用編(事業所向け応用例
  • 民生用空気浄化システム
  • 環境浄化事例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空気浄化テクノロジーの新展開 : VOC削減対策に向けて
著作者等 竹内 浩士
書名ヨミ クウキ ジョウカ テクノロジー ノ シンテンカイ : VOC サクゲン タイサク ニ ムケテ
出版元 シーエムシー
刊行年月 2006.7
ページ数 278p
大きさ 27cm
ISBN 4882315734
NCID BA78225997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21098432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想