みちの辺の花

杉本秀太郎 文 ; 安野光雅 絵

春、夏、秋、冬、日本の四季のうつろいを彩る花々、みちの辺でふと出会う野の花、山の花。蕗の薹、蛍袋、藤袴、吾亦紅など可憐に咲く草の花。山茱萸、梅花空木、黒芽柳など野趣に富む木の花。季ごとに届けられる花を美しい色彩で詩情豊かに描き、また、愛する花へのあふれる思いを綿々と綴ってゆく。身近で秘やかに咲く花への恋情こもる画文集。カラー版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 李のめぐり1(水仙
  • 黒芽柳
  • 蕗の薹
  • 太郎冠者
  • 菖蒲・杜若 ほか)
  • 季のめぐり2(山茱萸
  • 接骨木
  • 山査子
  • 鈴蘭 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みちの辺の花
著作者等 安野 光雅
杉本 秀太郎
書名ヨミ ミチノベ ノ ハナ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.9
ページ数 206p
大きさ 15cm
ISBN 4061597825
NCID BA78215869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想