カマキリの雪予想

日本エッセイスト・クラブ 編

'06年版ベスト・エッセイ集。「高い所に産卵すると大雪、は本当か」「女性のローマ法王がいた?」「麻雀が日本を救う」など、珍しい話、愉しい話、しみじみとした話。心に響く珠玉の六十編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母のビンタ(女性ローマ法王伝説(倉田保雄)
  • カンヅメ今昔(渡辺淳一) ほか)
  • 麻雀救国論(目白台アパートの円地さん(瀬戸内寂聴)
  • 「書く・書く・書く」(矢吹清人) ほか)
  • シャラポワの活用(女人国への旅(水木楊)
  • 鉄道乗り歩きの極意(ゆたかはじめ) ほか)
  • カマキリの雪予想(いとしのクレメンタイン(帯津良一)
  • 南アフリカ紀行(糸見偲) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カマキリの雪予想
著作者等 日本エッセイストクラブ
書名ヨミ カマキリ ノ ユキ ヨソウ
書名別名 Kamakiri no yuki yoso
シリーズ名 ベスト・エッセイ集 2006年版
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.8
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4163683801
NCID BA78182679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21098295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"藤村"を今ふたたび 福田はるか
ALSある患者の声 鳥羽脩
いとしのクレメンタイン 帯津良一
カマキリの雪予想
カマキリの雪予想 酒井與喜夫
カンヅメ今昔 渡辺淳一
ギリシャの安宿の本箱 大竹昭子
クレソン 保苅瑞穂
シャラポワの活用 南伸坊
シャラポワの活用
ハッケヨイのこった 比企寿美子
バレエ、消える芸術 鈴木晶
ブルーノ・タウトの小箱 隈研吾
ブータンの時間 今枝由郎
マニュアルの反対語 森まゆみ
ラ・ロシュフコオの衝撃 福原義春
一枚の絵から 河野きよみ
一葉賛・質屋の話 青山光二
二冊の探検冒険の本 椎名誠
人生において大切なこと 磯田道史
人通りの少ない道 芦田淳
仁術の諺 小林和男
今、生きている 妹尾河童
何がそんなに… 勝山朗子
僕の器は"なんじゃコレ"。 中村嘉葎雄
冬の和菓子 山口富蔵
南アフリカ紀行 糸見偲
古伊万里の魅力 中島誠之助
善人悪人 黒岩徹
夢幻の終り 西木正明
女の嘘 安田宏一
女人国への旅 水木楊
女性ローマ法王伝説 倉田保雄
幼い者たちの書斎 池内紀
敗戦の夜、澄んだ満天の星空 塚本哲也
昆布干しの夏 近藤健
昭和三十三年の回想 海老坂武
書く・書く・書く 矢吹清人
歴史を作る者 出久根達郎
歴史を読むための地理感覚 佐々木譲
母が姑を大事にした理由 時実新子
母とのこと 丸川珠代
母のビンタ
母のビンタ 板東晃
江戸前の鰻重 神崎照子
物事にスパイスはつきもの 田部井淳子
独逸娘の言葉 佐野洋
生死をかけて竜宮城へ 藤原正彦
目白台アパートの円地さん 瀬戸内寂聴
直木三十五外伝 村松友視
私の昭和、春彦の昭和 金田一秀穂
脱皮するカニ 廣淵升彦
花吹雪 平岩弓枝
花柳界、なつかしきあの頃。 半藤一利
藤沢さんの日の光 井上ひさし
視聴率の正体 浅田孝彦
言葉遊びが好き 阿刀田高
謙虚と傲慢 常盤新平
豊かで快適な生活の代償 岸田秀
鉄道乗り歩きの極意 ゆたかはじめ
錯覚しちゃうからね 小関智弘
藤沢周
麻雀救国論
麻雀救国論 日下公人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想